世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

巨匠に対する見方の変化

 『ジャン・クリストフ』の主人公は創作の新たな段階に進んだようですが、それとともに、ほかの人たちの作品を見る目も変わっています。
 いわゆる巨匠の作品についても否定的な面が見えるようになっている様子です。必ずしも正しくはないけれども、成長の段階の一つとして必要なものとして表現されています。主人公にとっては、教育によって身についたものを捨て去ることが必要だったようですが、そういうことは自分にも必要ではないかと思います。