世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

異民族の友人とその家族

 『ジャン・クリストフ』の主人公の新しい友人はユダヤ人で、主人公はこの人物の家に招待されます。
 友人の父親は金持ちの銀行家として描かれています。ユダヤ人の富裕な銀行家というのはいかにもフィクションにありそうな設定だと思いますが、この作品が書かれた当時の人々にとって違和感があるような話ではなかっただろうと考えると、実際にそういう人たちはある程度はいたのだろうと想像します。