世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

天才と天才の再会

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、以前に会ったことのある作曲家に会いに行きます。天才と天才の再会です。
 クリストフはその作品を認められます。しかしながら、作品が認められて単純に仲が良くなるわけでなさそうなところが、うまく書かれていると思います。天才は天才を理解するけれども、だからといって友好的な関係になるとは限らない、ということが示されていると考えます。