読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

老いた日に与えられた喜び

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所では、記述がしばらく主人公から離れます。そして、その場面に心を動かされました。
 善良そうな老人が、ある経験から喜びを得ます。すでに身寄りもなく、体調も良いわけではない中で、もしかしたらこの人物にとって初めてのような感動をおぼえます。薄暗い日々に光が差したようです。
 この場面だけでも、この作品を読んで良かったと思うような記述でした。