読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

無為無欲

 『ジャン・クリストフ』の主人公のクリストフは、自分を助けてくれた親戚のことを知っている人たちと出会います。その出会い方が、これまでにもあったようにでき過ぎであるように思われるのですが、それはおいておくとして、そこでクリストフが聞いた話は、考えさせられる話でした。
 苦しんでいる人に押しつけがましくなく接して力づけている様子をすばらしいと思いました。欲の少ない人で、この人についての記述を読んで、久しぶりに無為無欲という老荘の思想のことを考えました。