世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

クリストフが知り合った人たち

 『ジャン・クリストフ』の主人公のクリストフは知り合いが増えてきて、代議士といった地位の人とも交流するようになってきています。
 パリの芸術家や批評家や政治家などの様子が描かれていますが、総じて結局は自分を一番上にしたそうな印象です。それが人間の本質なのかもしれませんが、あえてそのように描こうとしているということなのか、パリの人たちは特にそうである、というように伝わってきます。