世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

クリストフの作曲活動

 『ジャン・クリストフ』の最近読んだ箇所では、主人公であるクリストフのいるパリの状況についての記述が長く続いていました。
 そして、話はクリストフ自身の作曲に移ったようです。才能があるという設定であることから良い作品ができているということなのでしょうが、作品そのもののためではなく人との関係で評価されるという現実の中で、正当な評価を受けられていません。
 しかしながら、そこから状況が変わっていくことが記されています。何が起きるのでしょうか。