世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

ルーブル美術館

 『ジャン・クリストフ』を読み勧めて中で、主人公のクリストフがルーブル美術館(読んでいる訳ではルーブル博物館となっています)でレンブラントの作品を見る場面があります。
 パリを舞台にしているので当然なのですが、ルーブル美術館にふらっと立ち寄れるのはうらやましいことです。そして、そこに収蔵されている作品を話の展開に関わらせられることはとても豊かな場面設定を提供してくれていると思います。