読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

決闘

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所では、2人の登場人物が決闘をします。
 そのうちの1人は銃の取扱いに慣れていないことから練習をしに行きます。そんな前置きがあったりして、どうなるのだろうと思って読み進めると、意外な決着でした。
 決闘の申し込みの場面や、決闘の場所に向かう場面では、特に説明もなく当たり前のように話が進んでいて、決闘とはどういうものかが知られていることが前提になっている記述なのだと思います。このブログの主にとって意外な決着も、そういう場面に慣れた読者にとっては普通のことなのかもしれません。