読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフには、自分が知っている人からも知らない人からもさまざまな力が働いています。周囲から力が働くのは社会で生活していれば当然でしょうが、有名人となるとより複雑です。
 意外なところにも罠がありました。その罠が、直接は個人的な恨みによるものではなさそうであるところがまた厄介です。存在自体が人の邪魔になってしまうことはだれにでもありそうで、そういうことを考えたことはあまりない気がしますが、恐いことです。