世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

長い目線

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフと友人が関わっている革命運動には、さまざまな考えを持つ人がいたようです。
 その中で、その友人が言っていることが印象に残りました。趣旨としては、革命は自分たちのためのものでなく、1日でできるものでなく、後に来る人たちのために努力しているのだ、というようなことです。
 物事を長い目線で見ることができれば、目先のことに振り回されずにすむと思いました。