読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

再度の彷徨

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、しばらく落ち着いていた地を離れてさまよいます。
 生きる目的となってくれることを期待したことが実現せず、目的を失ったような状態になりながらも、生きることを諦めることはしません。
 外をさまよう中で、知った顔を見かけ、その人物の以前とは変わった様子を見るとともに変わった理由を人から聞きます。その人物とこの後で再び関わることはないと思いますので、登場するのはこの場面だけであると想像します。苦しみながらも生きていく力のあるクリストフの姿を浮き上がらせるための存在なのでしょうか。