読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

ドイツ人から見たイタリア人

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、自分から好んでではなくローマに行くようです。
 そのことについて述べられていた箇所に、北方の人から見た南方の人の印象が記されていました。饒舌で大風呂敷を広げる、というように見ていて、それは昔から続いているようです。
 現代でも、ユーロの危機という話になると、ドイツと、ギリシャやイタリアといった南欧の対立という図式で説明されます。多くの北方の人たちにとって代々受け継がれてきた思いなのでしょう。