読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

ローマ

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、ローマに留まる中でそこにある良いものに対して目が開かれてきたようです。
 とても豊かな歴史のある街であることから、何かは心に触れるのが当然である気がします。そうはいっても、この作品の背景となった時代のローマは芸術家にとって同時代の仲間から受けられる刺激には乏しかったように描かれています。
 才能にあふれた人がなぜか集中する時期と場所も、そういう人がなぜか少なくなる時期と場所も、いずれも実際にあるのだと思います。やや沈滞気味のローマをあえて取り上げて主人公を滞在させたところが興味深いと思います。