読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

独身男性の部屋

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、最近読んでいるあたりでは、パリで一人暮らしをしています。
 あるとき、ある女性に普段の生活のありのままの状態の部屋を見に来られることになりました。話の成り行きにより、断ることも掃除をしておくこともできずにその女性を迎えることになります。
 若い男性によくありそうな話だと思いましたが、独身であれば年代を問わずあって不思議はありません。ただし、クリストフの場合は、部屋の状態を恥ずかしく思うことがあっても、そこに置いてあるピアノを演奏することで感動を与えることもできて、そこが普通の人と異なります。