読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

執着心の弱まり

 『ジャン・クリストフ』が結末に近づく中で、主人公のクリストフの執着心が弱くなっている様子が見えます。
 個人のことだけでなく、社会の風潮についても、状況に左右されなくなってきています。
 自分にできることはしてきたという思いからなのか、物事は変わっていくものであってこだわりはない方が良いと考えているのか、達観しているように見えます。
 年を重ねて頑固になるのではなく、自分のまわりのことをあるがままに受け入れる態度は、心の平安につながりそうです。