読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

一人でも孤独でない人

 『ジャン・クリストフ』を読み進め、いよいよあと数ページになりました。
 主人公であるクリストフは、自分のそれまでの人生を振り返り、一人でいたときも孤独でなかった、と考えます。親しい人たちがそばにいなくても、心がつながっている、ということがクリストフを力づけていたのだと考えます。とても幸いなことだと思います。