読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

配当

 『白鯨』の主人公は、乗員になろうとする船を決めて、その意思表示をします。
 乗船を認められて報酬の話になります。米国では捕鯨船の乗員の報酬は、成果があった場合に配当として与えられるようです。仮に成果がなくても食事は与えられるようですので、生活していくことは可能です。配当は、地域で弱い立場になる人たちにも与えられるとのことで、捕鯨はそれほど社会の仕組みに組み込まれていたことがわかりました。