世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

捕鯨に対する思い

 『白鯨』の主人公が乗った捕鯨船が出帆しました。その船について多くの持分を所有している人物たちが水先案内として初めの方だけ乗船している様子から捕鯨に対する思いが感じられます。
 乗った船が海に出た後で、主人公が捕鯨がいかに良いものであるかを記しています。捕鯨船に乗ることにしたところの記述からは思い入れが伝わってきませんでしたが、この箇所からはかなり伝わってきます。乗組員として乗船して陸地に戻った後に書いているという設定であると思いますので、その乗船の経験によって思いが変えられたということではないかと考えます。