世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

鯨の種類

 『白鯨』の今日読んだ箇所でも、鯨の種類についての記述が続いていました。
 その中で、このブログの主の理解と違うように思うことが書かれていましたが、その後のところの注によるとやはり現在の説とは異なるようです。
 当時考えられていたことが新たな発見によって覆されたということだと考えます。しかしながら、この作品が書かれた、現代では当たり前になっているような技術の多くが存在せず、帆船で遠くまで捕鯨に行っていたような時代の鯨に関する知識の多くは正確であるようにも思います。