世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

「モービィ・ディック」

 『白鯨』を読み進め、原題となっている「モービィ・ディック」という名が初めて出てきました。題名になっているからには、この名で呼ばれる白鯨が主人公なのかもしれません。
 捕鯨船の船長は、この鯨から身体に被害を受けて、その復讐を望んでいることがわかりました。実際に反対意見を述べる乗組員もいましたが、私怨を動機にして行動する指導者のリーダーシップには問題があるのではないかと、ここまで読んだ時点では感じています。