世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

鯨のいる場所

 『白鯨』の今日読んだ箇所では、鯨のいる場所についての説明がされていました。
 鯨は、太平洋、大西洋、インド洋をまたにかけて非常に広い範囲を泳ぎ回っているようですが、それでも、人間は同じ鯨と別れた後で再会することがあるということです。
 それを伝聞としてではなく、自らの経験を背景として述べられるところがこの作品の著者の強みだと思います。