読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

九天の高き

 『白鯨』を読み進め、鯨の絵に続いて鯨の彫刻について述べられている箇所を読みました。
 次に空の鯨座についての話が続きます。その「鯨」に駕し、九天の高きに舞い上がりたい、と記されているところから強い思いを感じました。それまでは鯨についての記述が続いていましたが、肉眼で見ることのできないところのことを知りたいという望みは、鯨への思いとは別に、とても強いものだったのだろうと考えます。