世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

鯨を捕える場面

 『白鯨』の今日読んだ箇所では、初めて鯨を捕えるところが描かれていました。主人公は捕鯨船に乗るのが初めてであることから、主人公にとっても初めての経験です。
 捕鯨船の人たちの側からすれば、とても強力な相手であるだけに、有効な攻撃を少ししたぐらいでは仕留めることができず、攻撃し続ける必要がありそうです。この場面でも激しい格闘が描かれていますが、鯨が苦しむ時間は長そうで、見方によっては残酷と受け止められるような記述です。そうはいっても、この作品が書かれた時期には、捕鯨は当然のことで、反対する動きがその後大きくなることは想像されていなかったと思います。