世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

鯨肉のステーキ

 『白鯨』の今日読んだ箇所では、直前の鯨を捕える場面で中心的な役割を果たした乗組員の幹部の一人が、捕獲した鯨の肉をステーキとして食べる様子が描かれています。
 捕鯨船が鯨の死骸を引っ張りながら移動していく中で、まわりにサメが集まってきて、その鯨の肉をついばんでいます。大きさの対比はよくわかりませんが、サメに食べられてもまだ十分に残りがあるほど獲物の鯨が大きいのだと思います。少しステーキになってもそれほど大きな影響はないのでしょう。