世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

鯨の肉を食べることに関する意見

 『白鯨』のある登場人物が鯨の肉を食べる場面に、鯨の肉を食べること一般についての記述が続いています。
 米国でも捕鯨が行われていた、この作品の書かれた時代にも、人によっては鯨の肉を食べることを厭わしいと思っていたようです。その理由として、鯨の脂を使って灯している明かりのもとで鯨の肉を食べるのは野蛮である、という考え方が示されています。いずれか一方ならば野蛮でなくて、両方が一緒になると野蛮である、というのはよくわかりません。