世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

鯨の汐噴き

 『白鯨』では、主人公が乗っている捕鯨船でのできごとについての記述と、鯨についての記述が入り混じっています。
 鯨についての記述の中で、その汐噴きについて詳しく書かれていました。鯨が汐噴をのための穴を通して呼吸をしていることを知りましたが、これは知っているのが当然のことなのでしょうか。
 また、鯨が噴いている汐が水であるか水蒸気であるかについて少し記述が続きますが、どちらであるかはわからない、とされていました。当時の理解の最前線が書かれているのだと思います。