世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

絶滅の恐れ

 『白鯨』の今日読んだ箇所で、語り手である主人公は、人間の捕鯨のために鯨が絶滅する恐れについて触れています。鯨は絶滅しないというのがその結論です。
 これはまだ手で漕ぐボートに乗って手で投げる銛や槍を使って鯨を捕っていた時代の話ですので、その後にボートの動力も武器も機械化されることで状況は大きく変わっただろうと思います。それでも、絶滅の恐れが考える題材になるほどに捕鯨は盛んだったということであると思います。