世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

救命浮標

 『白鯨』で少し前に出てきた、ある登場人物のために作られながら使われなかった柩が再び出てきています。
 今度は、加工して、遭難したときにつかまって沈まないようにするための救命浮標にすることになりました。こういう再登場をさせるために作られていたのですね。
 この後で話の中で重要な働きをするかもしれません。