世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

執着

 『白鯨』の主人公が乗った捕鯨船の船長は、自分に深手を負わせた鯨への復讐について強い思いを持っています。というよりも、その思いに支配されているようです。
 ほかの人に対する共感など、人生にとって大きな意味を持つ感情を持つ余地がなくなってしまっているようです。
 あきらめないことは大事だと思いますが、人との関係よりも大切になるような物事へのこだわりには問題があると思います。