世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

目標

 『白鯨』を読み進め、かなり終わりに近づいてきました。
 モービィ・ディックとの対決が続きます。主人公が乗った捕鯨船の船長はあきらめずに挑み続けます。それを止めようとする人物もいますが、この船長にとってはモービィ・ディックに復讐することが人生の目標になっているようですので、それをやめてしまえば、生きる目的がなくなってしまいそうです。ほかの人を巻き込むことが良いとは思いませんが、この挑戦をしないならば生きていても意味がないと感じるでしょう。
 結末はこれまでにほのめかされています。もうすぐそこに到達します。