世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

回想

 『テレーズ・デスケルウ』の記述は、主人公と同行者の動きに続いて、主人公による過去の回想へと進みます。
 結婚する前のことを思い出していて、富裕な家庭に育ったことや、賢い人であることが情報として示されます。
 そして、結婚以前の生活、特に友人との関係の様子が描かれています。主人公はそこから下り坂を降り続けているようです。
 年齢が示されていないことから、主人公が回想していたのがどの程度前のことかがわかりませんが、それほど長い年月は経っていないのではないかと考えます。