世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

もの柔らかい人

 『どん底』の第一幕を読み終えました。
 第一幕の最後で、恵まれない境遇に生まれ育った登場人物が、ある人物のことを父親のような、もの柔らかい人だ、と言っています。それに対して、言われた人は、もまれすぎて柔らかくなったと答えています。そういう人は実際にたくさんいることでしょう。
 普段一緒にいる人たちの間に外から来た存在であるこの人物が中心的な役割を担うことになるのかもしれません。