世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

真実

 『どん底』の今日読んだ箇所では、登場人物たちが真実や嘘といったことについて話しています。
 その中で、ある登場人物は、真実のつらさに圧倒されてしまったようです。この人物にとっての真実は、貧しいことだったり、生活がしづらいことだったり、といった苦しいことが多そうです。真実がそのようなものであるならば、真実に何の意味があるか、というのがこの人物の思いであるようです。

広告を非表示にする