世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

神々の子孫

 最近読んでいるあたりに限りませんが、『イリアス』には、少し前の代にさかのぼると神に行き着く人たちが登場します。
 普通の人間としては、そういう存在と戦場で相対するのはとても不都合なことだと思います。そういう存在が人々に交じっているということについて当時この話を聞いたり読んだりした人たちは、すんなりと受け入れられたのでしょうか。