世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

神のはかりごとに引っかかる神

 『イリアス』の今日読んだ箇所では、前回の記事で紹介したはかりごとが仕掛ける側の思惑どおりに進みます。引っかかった側の神は眠ってしまい、その間にほかの神の働きによって人間の世界の様子が変わります。
 なんとも威厳のない神だと思います。人間の営みはこういう神々の影響下で不安定なものである、というような考え方なのでしょうか。