世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

神の子たち

 『イリアス』を読んでいると、ところどころに神の子とされている人物が出てきます。
 神と人間との混血ということだと思います。実際にそういう存在がいるとは考えられませんが、同時代の読者はどのようにとらえていたのでしょうか。