世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

ブラフの応酬

 『イリアス』で描かれている戦争の両軍の中でもかなり強そうな人物同士が一騎打ちをする場面を読みました。
 実際に戦う前に、ブラフの応酬をする記述があり、それぞれ弁も立つという設定であるようです。そして、発される言葉の中で、2人の間にはその前にも衝突があったことが示されます。
 戦闘の場面もそうなのでしょうが、こういう言葉のやり取りも見せ場になっているように思います。