世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

宮廷内の権力者

 『マリー・アントワネット』の記述によると、マリー・アントワネット王太子妃になった頃、夫の祖父である王の側室が宮廷の中で権勢を誇っていたようです。
 マリー・アントワネットは、そのことを快く思っていない人たちから影響を受けて、この側室と対立することになります。
 このとき、王は本来すべきであるようには物事を正しく裁いていなかった様子です。リーダーシップを取るべき人が取らないことで組織の力が削がれることの一例であると考えます。