3年目の世界文学全集への挑戦

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

2018-06-08から1日間の記事一覧

気前の良い雇い主

『怒りの葡萄』の主人公は人からの紹介で仕事をしに行きます。 その仕事の雇い主はかなり気前の良い人物として描かれています。こういう人には繁栄してもらいたいと思います。しかしながら、この人物がどういう経緯でこのような好ましい姿勢で接してくれるか…