世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

新たな世代の結婚相手探し

 少し前に、結婚相手の決め方について書きました。今日読んだ箇所では、それについて世代間で起こった衝突が描かれています。

 二世代目として出てくる親の立場の人たちが子の結婚相手は親が決めるものだと考えているのに対し、その次の世代には自分が決めるものだと考えてそのつもりで行動する人が出てきます。

 親の側は、自分たちこそが子のことを知っているからどんな相手が良いかがわかるのも自分たちだと考えています。ところが、少なくともここで描かれている親たちは、子のことを良く知っているようには思われません。子としても理解されているとは感じていないでしょう。

 だからといって、自分にとってどんな相手が良いかを知ることが子にとって容易であるわけでもなさそうです。

 また、ここで描かれている人たちは現代の人たちよりも若くして結婚しているでしょうから、適切な判断をできるように成熟するための経験を積む時間も少ないと思います。

 現代の日本では、さまざまな経験をして相手を探す面でも成熟しながら結婚へと進んでいく余裕のある人が多いことが晩婚化へとつながっているのでしょう。