世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

故人が姿を現す場面

 『マルテの手記』を読み始めて、わかりづらかったことの一つは、主人公が過去を回想している記述の中で、ほかの人たちと食事をしているときに既に亡くなっている人が現れたところです。主人公だけがその人を見たのならば解釈のしようがあるのですが、ほかの人たちも同じように見てそれぞれ反応していたようで、どうとらえたら良いのかがわかりません。どこかにヒントがあるのでしょうか。