世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

病院の場面

 『マルテの手記』の今日読んだ箇所では、病院の待合いスペースや話を理解してくれない医者が描かれています。それぞれ何を示しているのでしょうか。

 待合いスペースでは、そばにいる人たちが不健康で見栄えも良くなかったり、事務員から冷たい扱いを受けたり、といったことが主人公にあります。何かに似ている気がしますが、ぴったりこれだ、と考えられるようなものには思い至りません。

 こういった場面は考えるきっかけを与えてくれていると思います。