世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

結末に向けての動き

 『八月の光』を読み進め、終わりが近づいてくる中で、登場人物たちが落ち着くところに落ち着いてきたように思います。

 中には残念なところに行ってしまった人もいます。先にその人がどうなったかがある登場人物の口を借りて示され、どんなことがあったかがその後で詳しく記されています。

 ほかに、先行きに希望が持てそうな人もいます。その人については、身近に起こることに反応してその時にできることをしていったことによって道が開けてきた気がします。ただし、まだ結末には至っていませんので、この人にとってそのままで終わるかはわかりません。