世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

自分の思いに気づくこと

 『風と共に去りぬ』の主人公は、ある人に対する自分の思いに関しての真実に気づきます。
 それまで前提として話が進んでいたことがらだったと思いますが、あることをきっかけに本当の自分の心を知ったように描かれています。
 目に見えることのために実際に心にあることが見えなかったのが、経験を重ねることによって見えるようになったということでしょうか。または、経験の中で心が変わったのでしょうか。後者ではないかと思います。