世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

ブロンテ『ジェーン・エア』

 ブロンテの『ジェーン・エア』を読み始めました。
 新潮文庫に収録されている、大久保康雄氏の訳によるものを読んでいます。
 ブロンテ姉妹については、この『ジェーン・エア』を書いたシャーロットと『嵐が丘』を書いたエミリーは知っていましたが、アンという人もいて3姉妹だったことを初めて知りました。
 背景についてもまわりの人たちについての説明もなく、主人公が10歳のときのできごとの描写から話が始まります。出だしからは不遇だった様子がうかがえます。