読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

外界からの訪問者が明らかにするもの

 『魔の山』の主人公がサナトリウムへの滞在を通して変化していることが、ある訪問者との接触を通じて浮き彫りにされます。
 時間の感覚も温度の感覚も、平地にいたときの元々の感覚とは異なっています。また、サナトリウムでの生活に対する自信のようなものも持っていて、しばらく離れているいわゆる普通の生活に戻りたいというようには思っていなさそうです。
 それだけ居心地が良いということかもしれませんが、健康になってサナトリウムを去ることを望まなくなるような影響を与えるのではないかという気もします。