読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

対決

 『白痴』の今日読んだ箇所では、二人の登場人物が言い争いによって対決します。主人公も連れて行かれてそれを目の当たりにしました。
 一方からもう一方へ手紙が届けられたことが複数回あり、その内容も紹介されていましたが、直接の言い争いは初めて記されています。双方に意地があって、両者にとって益となるような結論を探ろうという意識はありませんので、苦しい話し合いです。その場にいた主人公にとっても何ともしようがなかったことでしょう。主人公ともう一人その場にいた人物にはどういう影響があるでしょうか。