3年目の世界文学全集への挑戦

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

結婚式の日

 『白痴』を読み進め、かなり終わりに近づいてきました。
 主人公が結婚式を挙げる日が来て、そこでまた一悶着あります。意外といえば意外な展開ですが、物事がすんなり進むことの方がこの作品らしくない気もします。
 最後かもしれない章に入りました。