世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

力になってくれる人

 『女の一生』の主人公は、少しずつ身近な人を失っていきます。亡くなる人もいれば、遠く離れた地に行って帰ってこない人もいます。
 そのように失い続けてばかりの主人公に、力になってくれる人が現れます。その登場のしかたに感動しました。
 助けになってくれる人が現れたとはいえ、問題がなくなってしまうわけでないところが、安直でないというか、現実的だと思います。